市場細分化戦略


市場細分化戦略とは、消費者需要の動向に応じて、商品やサービス市場(顧客層)を小部分に区分し、その区分した市場(顧客層)にターゲットを絞って販売を展開する戦略です。特に価値観の多様化している現代では、顧客を絞り込み、その顧客を狙った商品企画をすることが大切です。

家模型

<借り手を絞る>
これは経営学用語で、商品やサービスの販売業に適応する戦略です。この市場細分化戦略をアパート経営に適応させてみますと、顧客である「借り手を絞り込み」「借り手に合わせて居住空間を作り上げる」ことになります。借り手の層が変われば、アパートの広さ、内装や設備内容は異なってきます。これはアパート経営のもつとも重要な点ですから、土地の立地条件に合わせて、「どんな借り手に絞り込むか」を徹底的に検討してください。これで勝負が80%決まります。

<設備を決める>
「アパートを作りさえすれば誰かが入ってくれるだろう」というのは間違いで、「こういう人に入ってもらいたいので、こう造る」というのが正解です。次ページに借り手に合わせた内容を簡単にまとめておきました。借り手に合わせたアパートのイメージを膨らませてください。アイデアを取り入れ、すばらしいアパートを造り上げるのです。

『差別化戦略を考える』
差別化戦略とは、同業他社の類似商品について、その違いを鮮明にさせて競争相手に勝つという戦略です。その商品の機能・性能・形態・色彩・使い勝手・便利さ・ゆとり・遊び等といった商品自体の差別化だけでなく、店舗・照明・雰囲気・サービス・笑顔等も差別化になります。

<タダの差別化>
最初のネーミングは、そのアパートの名前です。これは次項でも述べますが、若者はアパートの名前にひかれてそこを選ぶ傾向があります。これこそお金のかからない差別化ですから、真剣にとり組んでください。また、差別化は、有形のものだけでなく無形のものにも重点がかかります。つまり、雰囲気がイイ、感じがイイ、カッコイイ、個性的だ、といった感覚の問題です。敷地に対する建物の配置を工夫するとか、植木を植えるとか、花壇を作るとか、あまりお金をかけずに差別化ができます。

アパート

<サービス業です>
市場細分化戦略で借り手を絞り込んでいったら、その借り手にマッチする設備の重点的な差別化を行ってコストを引き下げます。設備にお金をかけるときりがありません。アパート業は居住空間を提供する「サービス業」ですから、サービスを開発し、投資額を押えます。


賃貸物件を探すときには、不動産会社選びをしっかりと行うことが重要です。 フローリングなので、お掃除しやすいのが魅力です。 公園があるので、休日は子どもと一緒に娯楽を楽しめるでしょう。▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼http://www.nara-kintetsu-chintai.jp/ensen/奈良市 賃貸,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,

不動産会社スタッフとの相性も、賃貸物件を探す上で重要になります。 公園があるので、休日は子どもと一緒に娯楽を楽しめるでしょう。 人気の高いグリル機能付きコンロが設置されています。※詳細※http://www.renthouse-matuyama.com/松山市 賃貸〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

コンビニエンスストア―の多いエリアなので、夜間の買い物も便利です。 ホームセキュリティが充実しており、安心して暮らせます。 賃貸物件を探す前に、希望条件をまとめておくと、契約がスムーズです。▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼http://www.hatomarksite-zentaku.com/saitama/埼玉 不動産□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□